読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブログのログ

ここでしか聞けないサブログ秘話がてんこ盛り!?

煙突小僧の復讐

自分の頭に、
この煙突がついてなかったら
どんなに生きやすかったのかと、
勝は思わない日がない。

勝を身籠って3ヶ月目エコー検査で
彼の奇怪なシルエットを見た両親と、
その道30年の産婦人科医師は
かなり動揺したらしかった。

胎児の頭頂部から3cmほど、
ストローくらいの太さの筒状の突起が
生えていたからだ。

その突起は頭蓋骨から連なる
骨だった。

勝の突起はたびたび
母親の腹を内側からつついた。

その度に母親は針で刺されるような
痛みを感じ、難儀していたようだ。

出産もなかなか困難なものだった。

勝の筒状の突起で、
産道をなるべく傷つけないように、
医師と彼の両親は帝王切開を選んだ。

腹をかっさばいてまで
頭に突起を生やした我が子を
産み落とした母親の当時の心境は
いかほどのものだったかと、
たまに勝は想像してしまう。


(なんか疲れたから、続く)
(ピンス)