読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブログのログ

ここでしか聞けないサブログ秘話がてんこ盛り!?

箱根駅伝

ピンスです、こんばんは。

 

今日は箱根駅伝の復路でしたね。

 

私もちょっくら見たいと思い、

国道1号線沿いに行ってきました。

 

朝8時30分に9区の

戸塚ー鶴見間の沿道に

着いたのですが、

ぜんぜん人がおらず。。。

 

ネットで調べたら予想通過時刻が

11時以降だったので、

ファミレスで暖を取りつつ

本を読んで時を待ちました。

 

相当どうでもいい話ですが、

ファミレスでドリンクバーを

頼んだのに、

水しか飲みませんでした。

 

喉と肌にいい気がするので。。

 

11時になり、

ちょうど本も読み終えたので、

 

時、満ちたり――

約束の刻、きたれり――

 

と言わんばかりに、

颯爽と会計済ませて、

 

我、国道に向かわん――

再び、彼の地にて相見えんーー

 

と言わんばかりに

ファミレスを後にしました。

 

沿道にはすでに応援の人たちが

たくさんいてごった返し。

 

交通整備のおまわりさんたちも

マナーの悪い観客をこらしめようと

鋭い眼光で眼を光らせていました。

 

そんな幾重にもなる

眼光をかいくぐり、

 

ベスト観戦スポットを

探したのですが、

 

もうあんまり見やすいとこも

なかったので、適当なところで

選手たちの通過を

待つことにしたのでした。

 

そして、ほどなくしてついに!

 

約束の刻、きたれり――

彼の地にて相見えんーー

 

トップ独走の青山学院の選手が

走り抜けていったのです!

 

しかしそれは一瞬の出来事。

 

とっさのことだったため、

私は控えめな音量で

「が、がんばれ・・・!」

と言うのがやっとでした。

 

写真も撮ったのですが、

隣にいた肩車された少年に

ベストなフレームでの撮影を阻まれ

うまいことゆかず。

 

こうなったら2位通過の選手で

無念を晴らさんと誓い、

その時を待ちました。

 

そして、青学の選手から

遅れること数分の後、

 

約束の刻、きたれり――

再び、彼の地にて相見えんーー

 

東洋大学の選手が私の眼前に

その黒いユニフォームを

現したのです。

 

しかしなんやかんや、

とっさのことだったため、

私は控えめな音量で

「が、がんばれ・・・!」

と言うのがやっとでした。

 

せめて今度こそその姿を

電子データに焼き付けんとし、

撮影したのがこちら。

 

f:id:sabulog:20160104002456j:plain

 

選手の写真を

撮り納めたことに満足し、

 

また、連休中では

異例の早起きだったこともあり、

 

これにて私は国道を

退散したのでした。

 

私の今年の箱根駅伝

かくして幕を閉じたの

で し  た    。