読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブログのログ

ここでしか聞けないサブログ秘話がてんこ盛り!?

操を立てるということ

カロテンです。「影響を受けた言葉」ということで書いてみます。

最近はピンスさんの記事の尻馬に乗ってますが、今回もそれで。


自分の場合、誰かに人生変えるような言葉を言われたとかはすぐに思い出せないけど、何かの本で見てずっと忘れられない言葉があります。

それは「操を立てる」です。

一般的に、男女の間で1人の相手と添い遂げるような使われ方をしますが、そのおおもとの意味はちょっと異なります。

その本で書かれたことを要約すると、

「そもそも人は、一生で何か成し遂げたいという願望、志を持つことで人生を鮮やかに生きられる。だから、志を立てることが大事。でもそれは実はとても簡単なことで、志は誰でもいつでも立てられる。ただし、それを忘れず、態度や行動で示し続ける事は簡単ではない。大切なのは、志を立てて実践を続ける事、つまり、操を立てる事です。」

とか、そんな風に書かれてました。よく志が大切とは聞きますが、でもその志を達成してる人ってそんなに居ないよなぁと思ってた矢先、この言葉に出会ってとても腹落ちしたのを覚えてます。

自分や人のため、誰かの為に何かをしたい、その気持ちに沿って「志を立てる」なら、実際に自分に何が出来るか、それを忘れず続けられるか、こういった具体的、持続的な問いを自分に投げかけることが、つまり、「操を立てる」ことが生きる上でのエッセンスになると、そう考えるようになりました。

とはいえ、身近なことでは「明日から英語を勉強しよう!」と思ったとして、結局やらなかったりが多いので、なかなか操を立てられてないのが現状です。。

が、それでもコレだけはしない、というものは幾つかあるので、それについては操を立てられてるんじゃないかと、そんなことを思ってます。

より多くの操を立てながら、楽しく生活できたらいいなと思いますね。
-----